メイン画面は、紙カルテをイメージしました。
また、ペンタブレットを採用することにより 左側の所見は、直接“手書き”が可能なシステムです。
紙カルテからの移行もスムーズに行えます。
診察時間を電子カルテの入力に取られることなく “患者と向き合った診察”を可能にするシステムです。

診療科、症状に合わせた所見入力画面を作成出来ます。
そこには、手書き、チェックボックス、テキスト入力、入力候補からの選択、検査値入力が可能です。
検査値は、検査データ時系列表示画面へ反映します。
よりスピーディーな漏れのない診察を可能にします。

オーダー入力は、パネル入力とコード名称入力が可能です。
薬、検査、処置、病名を同じページに配列出来るため、行為別、症状別、体重別、年齢別など入力し易いようにページを作成することが可能です。
ページ内のレイアウトも自由自在。メンテナンスも簡単です。
また、薬、検査、処置、病名をセットにすることも可能です。
病名の取り漏れ防止につながります。
用法などをテキスト入力することも可能です。

長年培ったレセコン機能により自動加算等を算定します。
入金、未収金の管理も行き届いたシステムです。

オプションのWEB閲覧システムで、自宅や出張先から電子カルテの閲覧、病名付け、カルテ修正が可能です。